安全性が高い住宅にしよう

電子錠には様々な種類があり、種類によって異なる特徴を持っています。種類ごとの特徴を紹介しますから、それを比較してどの電子錠がいいか検討してみてください。

5つの電子錠の特徴

リモコン・カード式の特徴
リモコンやICカードを使用するタイプの電子錠は、ボタンを押したりカードをかざしたりするだけで解錠ができます。ICカードは財布に入れたままでも解錠が可能です。リモコンの電子錠も、鞄の中に入れたままで解錠が可能で取り出す必要はありません。
暗証番号錠の特徴
暗証番号の電子錠は、鍵紛失をしないというメリットがあります。また、鍵穴がないため、ピッキングで鍵を開けて侵入はできません。ですから、空き巣被害が受けにくくなります。暗証番号を知っていれば誰でも開けられるので、周りに教えないように注意しましょう。
指紋認証式の特徴
指紋認証式の電子錠の場合、電子錠に登録された人の指紋でしか解錠できません。家族の指紋を登録しておけば、家族以外の人は家に入れません。高い防犯効果が期待できます。
タッチキーの特徴
タッチキーは名前の通り、鍵をタッチするだけで簡単に施錠と解錠ができます。鍵穴を使用しない分、急いでいる時でも施錠が楽になります。小さい子供も簡単に使えますから、家族全員で家を守れるという特徴があるのです。
電話解錠式の特徴
電話で解錠できる電子錠には、電話するだけで離れている家の施錠や解錠ができます。防犯効果が高いだけでなく、小さい子供が鍵を開けて外に出歩かないよう徘徊防止にも効果的です。高齢者の人は、電話すれば玄関までいかずに解錠できますから、身体にかかる負担の軽減に繋がります。

カードキーの管理は十分に行ないましょう

カードキーの電子錠の場合は、紛失する可能性があります。鍵紛失をしないためにも、様々なアイテムを利用してカードキーを管理しましょう。

鍵紛失経験者は必見

カードを持つ人

カードキータイプの電子錠を取り付けたい人は、カードキーをパスケースに入れて紛失防止のアイテムを取り付けます。カードキーにはアイテムを取り付けられないので、パスケースに紛失防止用のアイテムをつけ、万が一落としても検索できるように予防してください。一度鍵紛失をしたことがある人は、再度紛失しないようにアイテムを利用することがおすすめです。

TOPボタン